第66回臨床検査技師国家試験解説(AM1~20)

第66回臨床検査技師国家試験(AM1~20)の解説です。

第66回臨技国試のAM問1~20の解説です。
難易度は主観で1~10の10段階でつけています。
1:超簡単
2~3:簡単
4~5:普通
6~7:やや難問
8~9:難問
10:超難問

第66回臨技国試についてをまとめたページもありますので,まだ見ていない方はぜひそちらもご参照ください。

では,解説をどうぞ!
おるてぃ
おるてぃ

臨床検査総論(AM1~10)

AM 問1 

臨床検査室において尿浸透圧の測定に用いられるのはどれか。(難易度:8/10)
1.屈折計法
2.氷点降下法
3.ガラス電極法
4.陽イオン抽出法
5.メタクロマジー法

解答:2

いや~,初手から難しい……。
おるてぃ
おるてぃ

初手から難易度の高い問題が。
尿検査をしっかり勉強していれば簡単なのかもしれませんが……。

1.誤り。比重を測定する方法です。ってか,これは知っていたはずなのに,なぜか問題を解いているときは勘違いして普通に間違えてしまうなんて……。
2.正しい。
3.誤り。pHを測定する方法です。
4・5.誤り。いずれも比重の試験紙法に用いられます。

 

AM 問2 

関節液中にピロリン酸カルシウムが認められるのはどれか。(難易度:7/10)
1.痛風
2.偽痛風
3.化膿性関節炎
4.関節リウマチ
5.変形性関節症

解答:2

65pm11の問題をしっかり対策していた人(解説をきちんと読んでいただけた人)にとっては簡単だったと思います。逆に適当に勉強していた人にとっては初見の難問です。

1.誤り。尿酸結晶です。
2.正しい。
3~5.誤り。

 

AM 問3 

尿沈渣の無染色標本を示す。認められる結晶はどれか。(難易度:4/10)
66am3

出典:厚生労働省ホームページ 第66回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午前問題別冊(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp200414-07a_02.pdf)

1.尿酸結晶
2.シスチン結晶
3.ビリルビン結晶
4.リン酸カルシウム結晶
5.シュウ酸カルシウム結晶

解答:2

結晶の問題は結構出題されるので対策は怠らないようにしましょう。

<結晶の特徴と形状>

尿沈渣結晶-健常人○

尿沈渣結晶-健常人×

尿沈渣結晶形状

※著作権上の問題から,結晶の画像は全て自作のイラストを用いています。実際の結晶画像は検索してご確認ください。

画像では無色透明の六角形の結晶が確認できるため,シスチン結晶が考えられます。

1・3~5.誤り。
2.正しい。

 

AM 問4 

臨床検査技師が放射線同位元素(RI)を取り扱う際に遵守すべきなのはどれか。(難易度:10/10)
1.ゴム手袋の二重装着
2.放射線防護服の着用
3.測定試薬の管理台帳作成
4.放射線業務従事者の免許取得
5.RI廃棄物のオートクレーブ処理

解答:3

超難問。解説できそうにないので,解ける必要はありません。

1・2・4・5.誤り。
3.正しい。

 

AM 問5 

糞便に用いる検査法はどれか。2つ選べ。(難易度:6/10)
1.Guthrie法
2.SudanⅢ染色法
3.スルホサリチル酸法
4.ジアゾカップリング法
5.抗ヒトヘモグロビンイムノクロマト法

解答:2・5

糞便の主な異常所見には血便脂肪便などがあります。
これらを鑑別する方法を選択すればOKです。

1.誤り。Guthrieガスリー法は以前用いられていた新生児マススクリーニング法です。新生児マススクリーニングは新生児の血液を利用します。

余談だけど,新生児マススクリーニング対象主要6疾患は必ず言えるようになっておこう!
おるてぃ
おるてぃ
2.正しい。SudanⅢ染色は脂肪染色の1つで,脂肪便の鑑別に有用です。
3.誤り。スルホサリチル酸法は尿蛋白の半定量方法です。
4.誤り。ジアゾカップリング法は尿試験紙法のビリルビン測定に用いられています。
5.正しいいわゆる便潜血検査です。

 

AM 問6 

夜間採血の新鮮血塗抹標本に検出された勢いよく動く虫体の写真を示す。この寄生虫の感染経路はどれか。(難易度:5/10)
66am5

出典:厚生労働省ホームページ 第66回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午前問題別冊(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp200414-07a_02.pdf)

1.経口感染
2.経皮感染
3.経気管感染
4.経胎盤感染
5.性行為感染

解答:2

65am7でも医動物の画像問題がありましたが,その時の問題は画像を見ずに問題文のポイントから答えを導きました。今回も同様で,画像を見る必要は一切ありません。問題文にヒントが書かれているので,そこに気付けるか否かです。

虫卵やマラリアの問題はさすがに画像を見ないといけないけど,この問題は画像を見る必要なし!(画像を見てもよくわからないし……)
おるてぃ
おるてぃ

問題文をもう一度見てみましょう。

夜間採血の新鮮血塗抹標本に検出された勢いよく動く虫体の写真を示す。この寄生虫の感染経路はどれか。(難易度:5/10)

もうバレバレだと思いますが,この問題のポイントは夜間採血ということです。

過去問を解いている人ならピンとくると思いますが,夜間採血必須な寄生虫が1つだけあります。それが,Bancroft糸状虫です。(58am10ではBancroft糸状虫の採血時間帯の問題が出題)

Bancroft糸状虫は昼間は出てこず,夜間(22:00~4:00)ミクロフィラリアと呼ばれる,
Bancroft糸状虫の生活史の 1つが出現します。これが蚊によって吸血されると蚊に移行して感染幼虫となり,その蚊に刺されることで感染します。

よって,本寄生虫は刺咬感染,特に今回は蚊なので皮膚に刺されることによる感染=経皮感染が正解となります。

1.誤り。
2.正しい。
3.誤り。
4.誤り。経胎盤感染する主な寄生虫はトキソプラズマです。
5.誤り性行為感染する主な寄生虫には赤痢アメーバ・トリコモナス・クリプトスポリジウム・Lambl鞭毛虫(トリコモナス以外は性行為時の経口感染)などがあります。

 

AM 問7 

静脈採血法について正しいのはどれか。2つ選べ。(難易度:4/10)
1.採血前に患者自身に姓名を名乗ってもらう。
2.ホルダーは患者ごとに交換する。
3.採血部位は尺側皮静脈が第一選択となる。
4.抜針後は穿刺部を揉む。
5.針はホルダーから外して廃棄する。

解答:1・2

実際に採血業務をしていれば簡単なのですが,そうもいかないのが難しいところ。
なので,常識的に考えてベターな選択肢を2つ選ぶという答え方になると思います。

1.正しい。患者間違いを防ぐため,必ず患者さん自身にも姓名を聞いて確認をします。
2.正しい。採血後の針はホルダーとつながった状態であり,この針を外すことは針刺し事故の可能性もあるため,原則ホルダーごと廃棄します。
3.誤り。肘正中皮静脈を第一選択とします。ここでの採血が難しい場合は他の部分を選択します。ただし,尺側皮静脈は深部に動脈が走行しているため,ここを選択する場合は細心の注意を払う必要があります。
4.誤り。揉むと止血ができず内出血等の原因となるため,穿刺部を押さえて止血します。
5.誤り。針刺し事故を防ぐため,ホルダーごと廃棄します。

 

AM 問8 

試験紙法で尿潜血が陽性,尿沈渣で赤血球が陰性となるのはどれか。2つ選べ。(難易度:4/10)
1.IgA腎症
2.尿路結石
3.横紋筋融解症
4.ABO型不適合輸血
5.急速進行性糸球体腎炎

解答:3・4

尿潜血と尿沈渣赤血球の乖離問題は頻出です。必ず原因を覚えておきましょう。

潜血反応と尿沈渣赤血球の乖離

潜血反応と尿沈渣赤血球の乖離

血尿・Hb尿・Mb尿の主な原因疾患

尿の種類 疾患
血尿 IgA腎症
尿路結石
・腎尿路系悪性腫瘍
ヘモグロビン(Hb)尿 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)
異型輸血(不適合輸血)
ミオグロビン(Mb)尿 クラッシュ症候群
横紋筋融解症
・多発性筋炎

1・2・5.誤り。これらの疾患では血尿が出るため,尿沈渣で赤血球が確認できます。
3・4.正しい。

 

AM 問9 

結核性髄膜炎の髄液所見として正しいのはどれか。(難易度:4/10)
1.糖の増加
2.蛋白の減少
3.単核球の増加
4.クロールの増加
5.アデノシンデアミナーゼ(ADA)活性の低下

解答:3

健常者の髄液の性状は以前紹介しました。

この性状と,次に示す表は必ず覚えておく必要があります。

各疾患による髄液性状変化

各疾患による髄液性状変化

 

AM 問10 

内部精度管理法で患者データを用いるのはどれか。2つ選べ。(難易度:4/10)
1.累積和法
2.X-R管理図法
3.項目間チェック法
4.デルタチェック法
5.マルチルール管理図法

解答:3・4

精度管理の問題はほぼ毎年出題されます。下の表は必ず覚えておきましょう。

内部精度管理

内部精度管理

1・2・5.誤り。これらは管理試料を用いる精度管理法です。
3・4.正しい。

 

 

臨床検査医学総論(AM11~15)

AM 問11 

急性リンパ芽球性白血病に見られる染色体異常はどれか。(難易度:3/10)
1.t(8;14)
2.t(8;21)
3.t(9;22)
4.t(14;18)
5.t(15;17)

解答:3

<国試でよく出る造血器腫瘍の染色体/遺伝子異常>

造血器腫瘍染色体異常

1.誤り。Burkittリンパ腫で見られる染色体異常です。
2.誤り。M2で見られる染色体異常です。
3.正しい。
4.誤り。濾胞性リンパ腫で見られる染色体異常です。
5.誤り。APLで見られる染色体異常です。

 

AM 問12 

動脈血液ガス分析で,pH 7.48,PaO2 98Torr,PaCO2 30Torr,HCO322mmol/Lであった。考えられるのはどれか。(難易度:4/10)
1.胃液吸引
2.急性膵炎
3.慢性肺気腫
4.過換気症候群
5.原発性アルドステロン症

解答:4

動脈血ガス分析の基準値と,アシドーシス・アルカローシスの分類は65am22で解説しています。

この問題は↑で示す知識を知っていること前提で,さらに呼吸性/代謝性のアシドーシス/アルカローシスの主な疾患も知っておく必要があります。

<呼吸性/代謝性のアシドーシス/アルカローシスを示す主な疾患>

  pH・PaCO2・HCO3 原因 代表的疾患 AG
呼吸性
アシドーシス
↓・↑・→or↑ 呼吸回数の低下 ・神経筋疾患
換気能力の低下 ・閉塞性換気障害
代謝性
アシドーシス
↓・↓or→・↓ Hの増加 ・乳酸アシドーシス
・ケトアシドーシス
・尿毒症
・腎不全
HCO3の減少 ・下痢
・尿細管性アシドーシス
呼吸性
アルカローシス
↑・↓・→or↓ 呼吸回数の増加 ・過換気症候群
換気能力の増加 ・拘束性換気障害
代謝性
アルカローシス
↑・↑or→・↑ Hの減少 ・嘔吐(胃液喪失)
HCO3の増加 ・原発性アルドステロン症
・Cushing病/症候群

AG:アニオンギャップ

※表はスクロールできます。

今回の問題では,動脈血ガス分析の結果(pH↑・PaCO2↓・HCO3)より呼吸性アルカローシスが考えられます。よって,呼吸性アルカローシスを呈する疾患を選択すればOKです。

1.誤り。胃液喪失により代謝性アルカローシスを呈します。
2.誤り。
3.誤り。閉塞性換気障害であるため呼吸性アシドーシスを呈します。
4.正しい。
5.誤り。代謝性アルカローシスを呈します。

 

AM 問13 

1型糖尿病と関連のある自己抗体はどれか。(難易度:4/10)
1.抗GAD抗体
2.抗SS-A抗体
3.抗平滑筋抗体
4.抗リン脂質抗体
5.抗サイログロブリン抗体

解答:1

自己免疫疾患と自己抗体の関連については65pm15で解説しています。きちんと対策していた人にとっては簡単だったと思います。

1.正しい。
2.誤り。Sjögren症候群で出現します。
3.誤り。自己免疫性肝炎(AIH)で出現します。
4.誤り。抗リン脂質抗体症候群(APS)で出現します。
5.誤り。橋本病で出現します。

 

AM 問14 

肝硬変について誤っているのはどれか。(難易度:5/10)
1.肝右葉腫大が認められる。
2.血小板減少が認められる。
3.食道静脈瘤が認められる。
4.ICG試験で排泄が停滞する。
5.C型肝炎ウイルスによるものが多い。

解答:1

<肝硬変>
【検査所見】
[増加・延長]
・PT・APTT
・総ビリルビン
・アンモニア
・γ-グロブリン
・BSP(bromsulphalein)試験-30分停滞率(5%↑)
・ICG(indocyanine green)試験-15分停滞率(10%↑)
[減少]
・アルブミン
・コリンエステラーゼ
・血小板数

【病理所見】
・門脈圧亢進による食道静脈瘤形成
・脾うっ血
・右葉萎縮

1.誤り。肝右葉は萎縮します。
2~5.正しい。

 

AM 問15 

推算糸球体濾過量(eGFR)の推算に必要な項目はどれか。2つ選べ。(難易度:1/10)
1.身長
2.性別
3.体重
4.年齢
5.腹囲

解答:2・4

定番中の定番の問題です。過去問をやっていれば余裕です。この問題は絶対に正解できるようにしましょう。
(過去に57am37・60pm15・62pm44・64am38の4回出題)

eGFR推算に必要な項目
  • 年齢
  • 性別
  • 血清クレアチニン値

1・3・5.誤り。
2・4.正しい。

 

 

臨床生理学(AM16~28)

AM 問16 

大動脈弁が閉じてから僧帽弁が開くまでの心時相はどれか。(難易度:5/10)
1.急速流入期
2.駆出期
3.心房収縮期
4.等容弛緩期
5.等容収縮期

解答:4

64am16に出てきた圧容積曲線をきちんと復習していれば簡単な問題だったと思います。

圧容積曲線

1~3・5.誤り。
4.正しい。

 

AM 問17 

連続波ドプラ法を用いるのはどれか。2つ選べ。(難易度:8/10)
1.三尖弁逆流速度測定
2.僧帽弁輪運動速度測定
3.大動脈弁狭窄症の弁口部圧較差推定
4.左室流入血流速波形による左室拡張能評価
5.僧帽弁閉鎖不全症の逆流弁口吸い込み血流の検出

解答:1・3

なかなか難しめの問題です。
連続波ドプラの特徴を知っておいて,それに即するような検査を選択する必要があります。

<パルスドプラ法と連続波ドプラ法の特徴>

ドプラ法特徴

この表からわかる通り,連続波ドプラ法の最大の特徴は高速血流が測定できることです。そのため,逆流速度測定やベルヌーイ式を用いた圧較差測定に有用です。

1・3.正しい。
2・4・5.誤り。

 

AM 問18 

心尖部四腔像の収縮期カラードプラ像を示す。この症例で考えられる心雑音はどれか。(難易度:4/10)
66am18

出典:厚生労働省ホームページ 第66回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午前問題別冊(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp200414-07a_02.pdf)

1.連続性雑音
2.拡張早期雑音
3.前収縮期雑音
4.全収縮期雑音
5.駆出性収縮期雑音

解答:4

まずは心尖部四腔像を読めるようになる必要があります。

心尖部四腔像

これがわかれば,本問のエコー図は左心室→左心房への逆流=僧帽弁閉鎖不全症であることが想定できます。

後は,僧帽弁閉鎖不全症がどういう心雑音を示すかを知っていれば答えにたどり着けます。

<心雑音と疾患>

心雑音

<心雑音の形状>

心雑音形状

1~3・5.誤り。
4.正しい。

 

AM 問19 

心電図を示す。正しいのはどれか。(難易度:5/10)
66am19

出典:厚生労働省ホームページ 第66回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午前問題別冊(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp200414-07a_02.pdf)

1.右室梗塞
2.下壁梗塞
3.後壁梗塞
4.高位側壁梗塞
5.広範前壁梗塞

解答:5

今回の心筋梗塞の心電図は急性期のものではなく,ある程度時間がたったものであるため,ST上昇は見られず,代わりに冠性T波が見られています。

心筋梗塞の各梗塞部位と異常が見られる誘導については65pm17で解説していますので,「知識があいまいだ~」「うっ,まだ覚えていない…」って人はぜひそちらも参考にしてください。

本問ではⅠ・aVL・V1~V6に異常Q波と冠性T波が認められるため,V1~V4に異常の見られる前壁中隔と,I・aVL・V5・V6に異常の見られる側壁を合わせた広範囲前壁梗塞が最も考えられます。

1~4.誤り。
5.正しい。

 

AM 問20 

スパイロメトリで測定できる肺気量分画はどれか。2つ選べ。(難易度:2/10)
1.残気量
2.全肺気量
3.1回換気量
4.最大吸気量
5.機能的残気量

解答:3・4

65pm20を正解できた方,あるいはきちんと復習した方にとっては楽勝だったでしょう。

過去問の対策は手を抜かずに!
おるてぃ
おるてぃ

1・2・5.誤り。スパイロメトリでは残気量を含む肺気量分画は測定できません!!
3・4.正しい。

 

 

他の問題の解説を見る

am21~40(1つ先)の解説はこちら♪
おるてぃ
おるてぃ
第66回臨床検査技師国家試験解説(AM21~40)
第66回臨床検査技師国家試験(AM21~40)の解説です。
66回臨技国試の他の解説を見たい場合はこちら♪
おるてぃ
おるてぃ
第66回臨床検査技師国家試験を解いてみた
第66回臨床検査技師国家試験の問題を解いてみました!果たして結果は?

 

コメント

  1. やぎ より:

    解説ありごとうございます。66回残りの解説も期待してます!

    • おるてぃ より:

      コメントありがとうございます!
      今は仕事が忙しく,なかなか解説を更新する時間がないのですが,休みの日に少しずつ更新していこうと思います。
      国試勉強頑張ってください!