第69回臨床検査技師国家試験解説(AM21~40)

第69回臨床検査技師国家試験(AM21~40)の解説です。

第69回臨技国試のAM問21~40の解説です。
難易度は主観で1~10の10段階でつけています。
1:超簡単
2~3:簡単
4~5:普通
6~7:やや難問
8~9:難問
10:超難問

第69回臨技国試についてをまとめたページもありますので,まだ見ていない方はぜひそちらもご参照ください。

では,解説をどうぞ!
おるてぃ
おるてぃ

問題の出典:厚生労働省ホームページ 第69回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午前問題(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp230524-07a_01.pdf)

 

臨床生理学(AM16~28)

生理の問16~20は第69回臨床検査技師国家試験解説(AM1~20)を参照してね!
おるてぃ
おるてぃ

AM 問21 

呼吸商を求めるのに必要なのはどれか。2つ選べ。(難易度:10/10)
1.呼吸数
2.酸素摂取量
3.肺胞換気量
4.分時換気量
5.二酸化炭素排出量

解答:2・5

超難問。解けなくても特に問題ないでしょう。

呼吸商=単位時間当たりの二酸化炭素排出量/単位時間当たりの酸素消費量(≒酸素摂取量)

1・3・4.誤り。
2・5.正しい。

 

AM 問22 

運動単位を構成するのはどれか。2つ選べ。(難易度:6/10)
1.Ⅰa線維
2.骨格筋細胞
3.γ運動ニューロン
4.下位運動ニューロン
5.上位運動ニューロン

解答:2・4

選択肢が教科書通りではないのでやや難問。

運動単位=1つの脊髄前角細胞+筋線維群(筋細胞からなる)
2次(下位)運動ニューロン=脊髄前角細胞~神経筋接合部

1・3・5.誤り。
2・4.正しい。

 

AM 問23 

脳波の記録法で正しいのはどれか。(難易度:4/10)
1.時定数は0.1秒が標準である。
2.T6は右側頭葉後方に相当する。
3.脳死判定では測定感度を20μV/mmで記録する。
4.てんかん発作が起きたときは直ちに記録を中止する。
5.サンプリング周波数200Hzで高域は120Hzまで正しく記録できる。

解答:2

10/20電極法は66pm24でまとめてありますので,そちらをご覧ください。

時定数に関してはこちらの記事をどうぞ。

サンプリング周波数はこちらの記事の「A/D変換」をご覧ください。

<脳死判定脳波検査の基本条件>脳死判定脳波検査の基本条件

1.誤り。脳波計の標準時定数は0.3秒です。
2.正しい。
3.誤り。感度は通常よりも上げる必要があります。
4.誤り。
5.誤り。サンプリング周波数の1/2が最高周波数となりますので,100Hzまでとなります。

 

AM 問24 

78歳の男性。心不全患者の左室流入血流速波形と計測値を示す。この波形の記録に用いたのはどれか。(難易度:3/10)
69am24

出典:厚生労働省ホームページ 第69回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午後問題別冊(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp230524-07a_02.pdf)

1.組織ドプラ法
2.カラードプラ法
3.パルスドプラ法
4.パワードプラ法
5.連続波ドプラ法

解答:3

画像のような波形を取るのはパルスドプラ法と連続波ドプラ法です。これらの違いも出題されるため覚えておきましょう。違いに関しては66am17で解説してあります。

今回は画像から横軸が時間軸であることがわかり,さらに上には測定位置を示すマークがあるため,パルスドプラ法が正解となります。

69am24解説

出典:厚生労働省ホームページ 第69回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午後問題別冊(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp230524-07a_02.pdf)を加工して作成

1.誤り。
2・4.誤り。これらのドプラ法ではBモードに色情報が追加されます。
3.正しい。
5.誤り。パルスドプラ法との違いを間違えないようにしましょう。

 

AM 問25 

78歳の男性。心不全患者の左室流入血流速波形と計測値を示す(画像は前問を参照)。この波形はどれか。(難易度:9/10)
1.正常パターン
2.弛緩障害パターン
3.偽正常化パターン
4.拘束パターン
5.判定不可能

解答:4

最近全く出題されていなかったので対策含め難問。
余裕のある人だけ覚えておきましょう。

  • 正常・偽正常化パターン
    E/A:1~1.5
    E波減速時間:200ms前後
  • 弛緩障害パターン
    E/A:<1.0
    E波減速時間:>240ms
  • 拘束パターン
    E/A:>1.5
    E波減速時間:<160ms

1~3・5.誤り。
4.正しい。

 

AM 問26 

頸動脈超音波検査の右総頸動脈長軸像を示す。内中膜複合体厚(IMT)の計測方法として正しいのはどれか。(難易度:5/10)
69am26

出典:厚生労働省ホームページ 第69回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午後問題別冊(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp230524-07a_02.pdf)

1.①
2.②
3.③
4.④
5.⑤

解答:3

血管は外膜・中膜・内膜の3層構造になっています。
内中膜複合体厚(IMT:intima media thickness)はその名の通り,内膜と中膜の厚さのことを指します。

69am26解説

出典:厚生労働省ホームページ 第69回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午後問題別冊(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp230524-07a_02.pdf)を加工して作成

選択肢のうち,内膜と中膜を表しているのは③になります。

1・2・4・5.誤り。
3.正しい。

 

AM 問27 

下腹部正中横走査と右縦走査による女性骨盤腔の超音波像を示す。矢印で示すのはどれか。(難易度:8/10)
69am27

出典:厚生労働省ホームページ 第69回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午後問題別冊(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp230524-07a_02.pdf)

1.膣
2.子宮
3.直腸
4.膀胱
5.卵巣

解答:5

あまり出題されないため難問。

69am27解説

出典:厚生労働省ホームページ 第69回臨床検査技師国家試験の問題および正答について 午後問題別冊(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp230524-07a_02.pdf)を加工して作成

1~4.誤り。
5.正しい。

 

AM 問28 

標準純音聴力検査の骨導聴力検査において音が直接伝わるのはどれか。(難易度:6/10)
1.外耳道
2.鼓膜
3.耳小骨
4.内耳
5.蝸牛神経

解答:4

気導聴力測定では「外耳→鼓膜→耳小骨→内耳」と音が順番に伝わりますが,骨導聴力測定では頭蓋骨から直接内耳に音が伝わります。

1~3・5.誤り。
4.正しい。

 

 

臨床化学(AM29~44)

AM 問29 

グリコアルブミン(GA)について正しいのはどれか。(難易度:5/10)
1.鉄欠乏性貧血で高値になる。
2.基準範囲は6.2%以下である。
3.約2か月間の血糖値の平均を反映する。
4.バリンに安定的に糖が結合したものである。
5.透析患者の血糖コントロールの指標に適している。

解答:5

消去法というか,HbA1cのことを説明している選択肢がわかれば自ずと答えに辿り着けます。

HbA1cが低値を示す疾患に関しては65am38を参照してください。

<血糖の基本・HbA1c・血糖測定法>血糖の基本・HbA1c・血糖測定法

1~4.誤り。これらはいずれもHbA1cのことを指します。(HbA1cは6.2%以下を基準値とする文献もあります。6.5%は糖尿病かどうかを判定する基準値です。)
5.正しい。

 

AM 問30 

血漿血糖値が高い順に並んでいるのはどれか。(難易度:1/10)
1.静脈>動脈>毛細血管
2.静脈>毛細血管>動脈
3.動脈>静脈>毛細血管
4.動脈>毛細血管>静脈
5.毛細血管>静脈>動脈

解答:4

前問(am29)で既に解説をあげていますので,そちらをご覧ください。

1~3・5.誤り。
4.正しい。

 

AM 問31 

アポリポ蛋白と主要機能の組み合わせで誤っているのはどれか。(難易度:4/10)
1.A-Ⅰ=LCATの活性化
2.B-100=VLDLの分泌
3.B-48=カイロミクロンの分泌
4.C-Ⅲ=LPL活性化
5.E=LDL受容体との結合

解答:4

この問題はよく出ます。必ず解けるようになっておきたいところです。

66am41でも言っているけど,アポ蛋白の問題はよく出るのでしっかり対策を!
おるてぃ
おるてぃ

1・3・5.正しい。
2.正しい。VLDLのことは解説に記述していませんでしたが,4が明らかに誤りなので特に問題ないはずです。
4.誤り。

 

AM 問32 

Michaelis-Mentenの式について正しいのはどれか。2つ選べ。ただし,[S]は基質濃度,Vmaxは最大反応速度,KmはMichaelis定数とする。(難易度:5/10)
1.Km値<<[S]のとき1次反応に近似する。
2.初速度法による[S]測定は0次反応領域で行う。
3.Km値が大きいほど酵素と基質の親和性は大きい。
4.Km値は反応速度がVmaxの1/2を示す[S]である。
5.終点分析法による[S]測定にはVmaxが大きい酵素を使用する。

解答:4・5

Michaelis-Mentenの式および0次反応・1次反応については67pm32を参照してください。

1.誤り。Km値<<[S],つまり[S]が非常に大きいとき,0次反応となります。
2.誤り。初速度法なので,反応の初めのほう,つまり1次反応領域で行います。
3.誤り。小さいほど基質濃度が低くても反応速度が速い=酵素と基質の親和性が大きいと言えます。
4・5.正しい。

 

AM 問33 

血中濃度が低下するとテタニーが生じるのはどれか。(難易度:4/10)
1.Na+
2.Ca2+
3.Cl
4.HCO3
5.H2PO4

解答:2

テタニーを知っているかどうかの問題です。
テタニーはCa2+やMg2+の低下によって起こります。

1・3~5.誤り。
2.正しい。

 

AM 問34 

誤っているのはどれか。(難易度:6/10)
1.妊娠糖尿病ではインスリン抵抗性が低い。
2.HbA1cの生成にはアマドリ転位が関与する。
3.腎臓の糖排泄閾値は160~180mg/dLである。
4.ムタロターゼはグルコースのα型からβ型への変換を行う。
5.SGLT2(Sodium-glucose co-transporter 2)は近位尿細管に存在する。

解答:1

なかなか厄介な問題。

1.誤り。妊娠糖尿病ではインスリンが効きにくい(=インスリン抵抗性が高い)状態となります。
2・4.正しい。これらは上記の問題(AM29)で解説してあります。ここは覚えておきたいところです。
3・5.正しい。

 

AM 問35 

グリセロール骨格構造を含むのはどれか。2つ選べ。(難易度:10/10)
1.レチノール
2.アラキドン酸
3.トリグリセライド
4.スフィンゴミエリン
5.ホスファチジルエタノールアミン

解答:3・5

トリグリセライド=トリアシルグリセロールなので1個はわかると思いますが,もう1個はほぼ勘で解かざるを得ない問題です。解けなくても気にする必要はありません。

1・2・4.誤り。
3・5.正しい。

 

AM 問36 

実効線量を表す単位はどれか。(難易度:9/10)
1.Bq
2.C・kg-1
3.eV
4.Gy
5.Sv

解答:5

実効線量という単語を聞いたことなければかなりの難問。
単位自体は別ページで解説してあります。

余裕があれば追加で覚えておくと良いでしょう。

1~4.誤り。
5.正しい。

 

AM 問37 

塩基性アミノ酸はどれか。2つ選べ。(難易度:2/10)
1.プロリン
2.アルギニン
3.ヒスチジン
4.メチオニン
5.トリプトファン

解答:2・3

難問続きだったので,一旦ブレイク。これは絶対に正解しておきたいところ。

1・4・5.誤り
2・3.正しい。

 

AM 問38 

溶液Aを30倍希釈して吸光度を測定したとき,0.300であった。この物質の測定波長におけるモル吸光係数を6,000L・mol-1・cm-1とすると,溶液Aの濃度は何mmol/Lか。ただし,使用した光路長は1.0cmとする。(難易度:5/10)
1.0.15
2.1.5
3.15
4.150
5.1,500

解答:2

計算問題。公式(Lambert-Beerの法則)さえ覚えておけば解けます。あとは高校の時の化学の知識がちょっと必要。

この法則を使った問題は昨年(68pm43)も出題されたので,きっちり復習しておいた人なら解けるはず。

溶液Aの濃度をc[mmol/L]とします。ただし,公式の単位は[mol/L]であること(1[mmol/L]=1/1000[mol/L]),さらに30倍希釈していること(×1/30)を考慮すると公式に用いるのは

$$\frac{c}{1000\times 30}=\frac{c}{3}\times 10^{-4}$$

となります。あとは公式を用いると,

$$0.300=6000\times \frac{c}{3}\times 10^{-4}\times 1.0$$

$$0.300=0.2c$$

$$c=1.5\,\mathrm{[mmol/L]}$$

となります。

慣れるとそんなに難しい計算じゃないから,できれば正解できるようにしておこう!
おるてぃ
おるてぃ

2.正しい。
1・3~5.誤り。

 

AM 問39 

MALDI-TOF-MSによる物質測定で正しいのはどれか。(難易度:8/10)
1.分子量の大きい物質ほど早く飛行する。
2.飛行速度は物質の電荷の影響を受けない。
3.測定対象物質は大気圧の空気中を飛行する。
4.イオン化はレーザーのパルス照射により行う。
5.タンデム質量分析装置は2台の質量分析部を並列に接続する。

解答:4

質量分析を知らないと難問。

1.誤り。イオンが受け取るエネルギー(K)は一定のため,運動エネルギーの公式$K=\frac{1}{2}mv^2$より,分子量(m)の大きい物質ほど速度(v)は小さくなる=遅くなります。
2.誤り。
3.誤り。真空中で測定します。
4.正しい。
5.誤り。直列に接続します。

 

AM 問40 

ALPアイソザイムについて誤っているのはどれか。(難易度:5/10)
1.胎盤型は耐熱性である。
2.骨型は成人よりも小児で高い。
3.小腸型は高脂肪食で上昇する。
4.高分子肝型は閉塞性黄疸で上昇する。
5.免疫グロブリン結合型は電気泳動で最も陽極側に検出される。

解答:5

ALPアイソザイムの問題ですが,ややひねりのある問題。

ALPに関しては67pm35で軽くまとめてあります。

1・2.正しい。
3.正しい。67pm35の解説では触れていませんが,高脂肪食でALP5が増加します。
4.正しい。高分子肝型=ALP1です。
5.誤り。解説では取り上げていませんが,実はALP6というのがあります。潰瘍性大腸炎で上昇するALPアイソザイムであり,電気泳動では最も陰極側に検出されます。

 

 

他の問題の解説を見る

am41~60(1つ先)の解説はこちら♪
おるてぃ
おるてぃ

時間の都合上,まだ解説が完成していません!
完成まで今しばらくお待ちください。

おるてぃのひとりごと
臨技国家試験完全対策!~臨床検査技師を目指す人のために~
am1~20(1つ前)の解説はこちら♪
おるてぃ
おるてぃ
第69回臨床検査技師国家試験解説(AM1~20)
第69回臨床検査技師国家試験(AM1~20)の解説です。
69回臨技国試の他の解説を見たい場合はこちら♪
おるてぃ
おるてぃ
第69回臨床検査技師国家試験を解いてみた
第69回臨床検査技師国家試験の問題を解いてみました!果たして結果は?

 

 

コメント

  1. いりゅくりじんV より:

    おるてぃさんのおかげで70回国家試験の合格圏までいけました‼️
    本当にありがとうございました‍♀️‍♀️

    • おるてぃ より:

      いりゅくりじんV様
      コメントありがとうございます。国試本番の自己採点で合格点を取れたとのことでおめでとうございます!
      解説がお役に立ったようでこちらとしても嬉しい限りです。
      これからも大変だとは思いますが頑張ってください!